10年間貯金額を決めて貯金をする

ただ漠然と将来のことが心配でお金を貯めてお金ければいけないと
考えている人は多数いるのではないでしょうか。
私も結婚する少し前までは何も考えずに貯金をしていたように
思います。
しかし、結婚し、家計を預かるようになって初めて普段の生活費
以外にどのくらい毎月の貯金が必要か考えるようになったのです。
例えば、3年後に子どもが欲しいから出産費用として50万円は
貯めておきたいや今乗っている車がもう5年乗ったからあと5年程度で
買い替えが必要。
だから、5年で150万円貯めたいなど将来を見越しての貯金をする必要があります。
今生活できているから大丈夫ではありません。
出産や車の購入・マイホームの購入・子供の養育費・老後の生活費など
何年後にはいくら必要かを計算し貯金をしておかないとその時になって
困ることになります。
それを考えながら今の月々の生活費の見直しもするとよいと思いますし、
1年単位でもいいですが、その年に必要な金額(例えば出産費や里帰り
費用など)を念頭においてどのくらい必要かを見て計画的に貯金すると
良いと思います。
本当はそれに加えて将来に必要な費用(子供の学費・夫婦の老後の生活費)
も貯金しなければなりません。
もし家計の見直しで将来の貯金まで出来そうならするに越したことは
ありません。
しかし、節約生活をしていてもそこまで貯金に回せないという方は無理をせずに
収入が上がり貯金できる状態になってから、老後の必要資金や教育費を計算し、
貯金を進めて行けばいいと思います。
キャッシング 無利息